ジャワコーヒー|コーヒー豆の味や香りの特徴、おいしい飲み方

ジャワコーヒー 豆の品種・銘柄

インドネシアは、世界でも有名なコーヒー生産地です。さまざまな銘柄が生まれていますが、ジャワコーヒーもその1つです。

この記事では、ジャワコーヒーについての特徴や味、香りについて紹介しています。

ジャワコーヒーとは

インドネシア

ジャワコーヒーは、インドネシアのジャワ島を産地とするコーヒー豆です。

インドネシアは大小さまざまな島から成る国家であり、各地でコーヒー栽培が活発に行われています。その生産量は、総計すると世界第4位にもなるほどのコーヒー大国です。

有名なところでは、マンデリン(スマトラ島)、トラジャ(スラウェシ島)、キンタマーニ(バリ島)など。ジャコウネコの糞からできるコピ・ルアックなども有名です。

その中でも、ジャワ島で生産されているコーヒーがジャワコーヒーと呼ばれています。

 

ジャワコーヒーの特徴

ジャワコーヒー

ジャワコーヒーの歴史

ジャワコーヒー栽培の歴史は17世紀末ごろ、まだ「オランダ領東インド」と呼ばれるオランダの植民地であった時代に起源を持つとされています。

オランダによりインド産のアラビカ種のコーヒー豆がジャワ島に持ち込まれ、1830年ころにはコーヒー豆の大規模農園が作られ本格的な栽培が始まります。

以後、コーヒー豆は主力な収入源となるまで成長していきます。1930年代の世界恐慌の影響で一時は衰退しましたが、1949年のインドネシア独立後は、再びコーヒー栽培の勢いを取り戻していきました。

栽培されている品種

当時はアラビカ種が主体で栽培されていましたが、19世紀に東南アジアで流行した「コーヒーさび病」の影響で壊滅的な被害を受けることになります。

その後はコーヒーさび病に耐性のあるロブスタ種へと栽培品種を転換し、生産量を増やしていきました。そのため、現在ではジャワ島で生産されているコーヒーの約9割がロブスタ種です。

また上記の理由により、現在の生産量は少ないですが、アラビカ種の栽培も行われています。ロブスタ種と区別される場合は、「ジャワ・アラビカ」と呼ばれます。

 

ジャワコーヒーの味や香り

 

コーヒー豆

ジャワコーヒーは酸味が少なく、やや強い苦味とコクが特徴的です。苦味のアクセントとして、ブレンドコーヒーにも使われることがあります。

コーヒー自体はとても濃く、渋そうな見た目をしていますが、見た目とは裏腹に非常にマイルドな口当たりで飲みやすいのも特徴です。

香りは、焦げた麦に例えられる独特な深い香りを有しています。

コーヒー豆

コーヒー豆おすすめ10銘柄|人気の品種から好みの1杯を探そう

2020/05/04

 

ジャワコーヒーにおすすめの焙煎・飲み方

コーヒー

ジャワコーヒーの個性ともいえる苦味・コク・香りを楽しむために、深煎りに近い焙煎度がおすすめです。

そのままでもおいしく飲めますが、苦味と相性の良いミルクと合わせてもおいしく楽しめます。ケーキなどの甘味とも相性抜群です。

>>コーヒー豆の8つの焙煎度合いと味・成分の違い

 

まとめ

ジャワコーヒー

苦味が特徴のジャワコーヒーは、ブレンドのアクセントとしても重宝されるコーヒー豆です。

日本ではもちろんのこと、世界中で有名になっているジャワコーヒーを、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。