タンザニアコーヒー|コーヒー豆の産地や味の特徴、おすすめの飲み方

日本では、「キリマンジャロ」という銘柄で親しまれていることの多い、タンザニア。

コーヒー通ならおさえておきたい、タンザニア産のコーヒー豆についてまとめました。

コーヒー豆

人気のコーヒー豆おすすめ10銘柄|好みの1杯を探すための選び方を解説【酸味・苦味・フローラル・フルーティ】

キリマンジャロ|コーヒー豆の産地や味の特徴、おすすめの飲み方

タンザニアのコーヒーとは

タンザニアはアフリカ東部に位置する国です。北東にはコーヒー生産大国として名高いケニア、そのさらに北東にはコーヒー発祥の地として知られるエチオピアがあります。

北東部にはアフリカ最高峰の「キリマンジャロ山」、北部にはアフリカ最大の「ビクトリア湖」、西部にはアフリカ最深の「タンガニーカ湖」があり、なんだかすごい国です。

主にコーヒー栽培はキリマンジャロ山やビクトリア湖周辺で盛んに行われており、国の主要輸出生産物となっています。

そしてタンザニアは、人類発祥の地としても有名です。

 

タンザニアコーヒーの特徴

タンザニア キリマンジャロ

タンザニアコーヒーの歴史

タンザニアにコーヒーが伝わったのは、約300年前とされています。

当時はまだ産業として成立するほどの生産量ではなく、本格的に始まったのは、ドイツの植民地下であった1890年代といわれています。

雨の多い地域だったため栽培が難しく、一度は産業化に失敗したものの、第一次世界大戦後にイギリスの管轄下となると栽培の改良・土地開拓が推し進められるようになり、1914年には200万本ものコーヒーノキが栽培されるようになりました。

しかし当時はまだ無名のブランドであったため、キリマンジャロという名前ではなく、「モカ」として流通していました。

日本で人気となった背景

日本でタンザニア、もといキリマンジャロが有名となった背景に、ヘミングウェイ原作の『キリマンジャロの雪』がブームを起こしたことがきっかけとしてあります。

世界的に見ても、キリマンジャロはまだまだ名高いブランドとはいえないですが、特に日本で明確な立ち位置を確立したブランドとなっています。

栽培環境・精製プロセス

  • アルーシャ
  • モシ
  • ンゴロンゴロ
  • ブコバ
  • ムベヤ
  • キゴマ
  • ムビンガ
  • タリメ

タンザニアコーヒーはキリマンジャロ山周辺のアルーシャ地区やモシ地区をはじめ、ンゴロンゴロ地区、南部のムベヤ地区などで栽培が行われています。

南部で特にアラビカ種が、ビクトリア湖西側のブコバ地区でカネフォラ種が主に生産されています。

精製プロセスは、水洗処理方式がメイン。

 

タンザニアコーヒーの味や香り

タンザニア キリマンジャロ

柑橘系のようなやや強い酸味と、程よいコクが特徴です。アフリカのコーヒー豆らしい、フルーティで野性味あふれるような味わいを持っています。

深く煎ることで上品な苦味と甘い香りがひき立ち、浅煎りとは一変違った雰囲気の飲み口になります。

コクは控えめで甘い香りとすっきりとした飲み口が特徴です。ストレートでの飲用に向き、ブレンドベースとしてはあまり使われることはありません。

 

タンザニアコーヒーにおすすめの焙煎・飲み方

コーヒー豆

豆本来の味わいが楽しめるのは、ミディアムロースト~ハイロースト)あたりです。力強い酸味があり、あっさり、すっきりと飲むことができます。

深い焙煎度になると、苦味・酸味のバランスがよい飲み口となります。

複雑で個性的な味はブラックで飲むことに適しており、バリエーションコーヒーやエスプレッソにはあまり向きません。

コーヒー豆の焙煎|焙煎度の違いと風味の関係・自家焙煎について

 

まとめ

はっきりとした酸味と、複雑な香り・味わいが特徴的なタンザニアコーヒー。

正確にはキリマンジャロのふもと、標高2,000m付近の地域で収穫されたコーヒー豆のみをキリマンジャロと呼びますが、現在の日本ではタンザニアで生産されている、全てのコーヒー豆でキリマンジャロとして販売されています。