【レビュー】カルディの「スプリングブレンド」を淹れて飲んでみた

カルディ KALDI スプリングブレンド
INDEX

KALDI「スプリングブレンド」

カルディ KALDI スプリングブレンド

春限定で登場する、カルディのオリジナルブレンド「スプリングブレンド」。

春に咲く花のように鮮やかな香りと、明るい味わい」をコンセプトに仕上げられたコーヒー豆です。

季節限定ということもあり、パッケージは通常の紺色とは異なり、桜色で春を感じられるようなかわいらしい見た目になっています。

価格は、200gで858円(税込)。

ブレンドされているコーヒー豆と、味の特徴

【焙煎珈琲】スプリングブレンド/200g

画像引用:KALDI Online Store

ブレンドされているコーヒー豆は、「グアテマラ、エチオピア」が主となっています。

焙煎度は中浅煎りあたりで、明るい酸味が特徴的なグアテマラ、エチオピアの特徴を生かした仕上がりになっています。

味のバランスとしても酸味寄りで、苦味はほとんどないようなチャートですね。

ボディはちょうど中間。重すぎず軽すぎない、まろやかな口当たりが想像できます。

≫コーヒー豆の焙煎度の種類と、風味の違い

 

スプリングブレンドを淹れて飲んでみた

カルディ KALDI スプリングブレンド

  • 豆の分量:30g(マグカップ2杯分を抽出)
  • 豆の挽き目:中挽き
  • お湯の温度:90℃

基本の抽出レシピを参考に、豆の量は、抽出したいコーヒーの量に対して16分の1の量を用意します。

今回はマグカップ2杯分(480㏄)を抽出したいので、コーヒー豆は30gを用意しました。

[kanren postid=”2898″]

カルディ KALDI スプリングブレンド

コーヒー豆を挽いて、ドリッパーにセット。

カルディ KALDI スプリングブレンド

だいたい3分以内の抽出完了を目指して、お湯を注いでいきます。

お湯をコーヒー粉に乗せた瞬間に、華やかな香りが広がってとても幸せ。

カルディ KALDI スプリングブレンド

抽出できました。

味の感想

カルディ KALDI スプリングブレンド

テイストチャートの通り、さわやかな酸味が主体で、とてもすっきりとした味わいです。

苦味はほとんどなく、しつこい感じはまったくない。想像したよりも軽やかな口当たりでした。

重厚でまったりとしたコーヒーというよりは、紅茶のようにさっぱりとしていて飲みやすい印象。

今回は明るい酸味を引き出すために、90℃の高温で抽出してみましたが、少し低めの85℃あたりで抽出すると、もっと苦味・コクが出て違った味わいが楽しめるかもしれません。

スイーツよりも、桜や梅を使ったお菓子と相性がよさそう。まさに季節に合わせたブレンドです。

カルディ KALDI スプリングブレンド

ミルクを入れて、カフェオレにしてもおいしく飲めました。

 

まとめ

カルディ KALDI スプリングブレンド

  • グアテマラ、エチオピア主体の中浅煎り
  • さわやかな酸味と軽やかな口当たり、すっきりと飲める
  • 桜や梅のお菓子と相性がよさそう

カルディは季節のフードにあったブレンドが登場していますが、スプリングブレンドも例にもれず、春にぴったりな味わいでした。

さわやかで飲みやすいスプリングブレンド、みなさんもぜひ試してみては。

名称 スプリングブレンド
ロースト 中浅煎り
生豆生産国 グアテマラ・エチオピア他
価格 858円 / 200g

KALDI オンラインストアへ

INDEX
INDEX
閉じる