森永クリープは体に悪いのか?成分・原材料・カロリーまとめ

シュガー・ミルク

コーヒーにクリープを加えたことのある人、多いのではないでしょうか。普通の牛乳だとどうしても賞味期限や保管方法を気にしなければなりませんが、クリープなら常温で長期間保存できてとても便利ですよね。

でも、クリープってなにでできているのかご存知ですか?なぜミルクなのに長期保存が可能なのでしょうか。そもそもミルクなのか?

この記事では、そんなクリープの成分やカロリー、体への影響はあるのかについてまとめました。




クリープとは?

クリープとは、森永乳業が発売しているクリーミングパウダーの商品名です。

クリーミングパウダーとは、食べ物や飲み物にミルクやクリームの風味を追加する、いわゆる粉末ミルクです。コーヒーや紅茶に加えてマイルドにして飲んだことのある方も多いのではないでしょうか。

森永乳業のクリープのほかにもAGFのマリーム、ネスレのブライトなど各社から同様のクリーミングパウダーが販売されています。

また、カフェや喫茶店などでよく見かけるプラスチックの容器に入った液体ミルク、ありますよね。あれは「コーヒーフレッシュ」と呼ぶのですが、これらとクリープはどうちがうのでしょうか。

粉末ミルクなんだから、どの商品もミルクを乾燥させたものでしょ?」と思われるかもしれませんが、どうもそういうわけにはいかないようです。

ちなみに

「クリープ(Creap)」の商品名の由来は、クリーミングパウダー(creaming powder)の英語表記から。CREAming Powderとアルファベットをとっていきクリープになった、とのことです。

 

クリープの原材料・成分・カロリー

原材料乳製品、乳糖
賞味期限未開封で15ヶ月
アレルゲン乳成分
エネルギー15kcal
たんぱく質0.2g
脂質0.8g
炭水化物1.8g
ナトリウム12mg
カリウム9.3mg
カルシウム2.6mg
リン7.4mg

※スプーン1杯3gあたりの含有量
参考:森永乳業ホームページ森永乳業株式会社栄養成分一覧表

森永乳業によると、クリープは2016年現在において日本で唯一ミルク由来の成分のみを原料として製造している粉末クリームだそうです。

実際にHP上の原材料表を見てみると、「乳製品、乳糖」の2つのみが記載されていました。

乳糖はラクトースともいい、牛乳に多く含まれる甘味成分のことです。これを乳製品に対してさらに追加しているので、普通のミルクよりも濃厚な甘味が感じられるように作られているようです。

記載されている原材料を見る限り、確かにミルク由来の成分のみでできていると判断できるでしょう。牛乳由来ならではのカルシウムが入っているのも特徴的です。

では、クリープは本当に「日本で唯一」ミルクのみでできているのか、他社の製品と比較してみましょう。

マリーム・ブライトとの比較

■AGF マリーム

原材料水あめ、植物油脂、食塩、乳等を主要原料とする食品 / pH調整剤、乳たん白、乳化剤、香料(乳由来)、カラメル色素
賞味期限未開封で25ヶ月
エネルギー16kcal
たんぱく質0.04g
脂質0.95g
炭水化物1.8g

※スプーン1杯3gあたりの含有量
参考:AGFホームページ

 

■ネスレ ブライト

原材料コーンシロップ、植物油脂、砂糖、カゼイン(乳由来)、pH調整剤、乳化剤、酸化ケイ素、香料、クチナシ色素
賞味期限未開封で24ヶ月
エネルギー17kcal
たんぱく質0.04g
脂質1.1g
炭水化物1.7g
ナトリウム21mg

※スプーン1杯3gあたりの含有量
参考:ネスレ商品ラインナップ/ネスレ ブライト 300g/ニュートリショナルコンパスネスレ ブライト スティックタイプ (6本入)/amazon

AGFのマリーム、ネスレのブライトを例にとって比較をしてみます。原材料を見てみると一目瞭然、ミルク以外にも様々なものが使われていることがわかりますね。

原材料表は原則として含有割合の最も多い順で記載する決まりなので、単純に見ればミルク(ここでは、乳等を主要原料とする食品)よりも水あめや植物油脂、コーンシロップなどの方が多く入っているということになります。

そしてポイントは、乳化剤という添加物。

水と植物油脂は本来は分離してしまうもの同士ですが、乳化剤を加えることで均一に混ぜあわせることができます。これを乳化と呼ぶのですが、乳化した液体はまるでミルクのように白く濁った液体になるのです。

ここに香料を加えて風味付けすれば、見た目も香りもミルクのようになります。クリープとは異なり、添加物によってミルクの感じを再現しているようですね。

クリープに比べマリームやブライトの方が賞味期限が10ヶ月ほど長いのも、天然のミルクを一切使用していないことが関係しているのかもしれませんね。

マリームやブライト、その他メーカーのクリーミングパウダーの原材料などが気になる方は、以下のページもご参照ください。

>>クリーミングパウダーはどれを買うべき?|原材料・成分・価格を比較してみた

 

クリープは体に悪いのか

クリープは上記の通りミルク由来の成分のみが原材料で、香料や着色料などの添加物は使用していないことから、健康への悪影響はほとんどないといっていいでしょう

ただし、この結果は森永が販売するクリープのみにいえることです。他社のクリーミングパウダーには添加物が複数入っている場合がほとんどなので、添加物が気になる方はクリープを選ぶのがおすすめです。

クリープは乳糖を追加することで普通のミルクというより生クリームに近い濃厚な味になっているので、少量でもしっかりとミルクの甘さやマイルドさを味わうことができます。

ただし、クリープを使う際には以下のようなことに注意してください。いくら安全といえど、使い方を誤れば逆効果になってしまうことも考えられます

 

クリープのデメリット・注意点

かけすぎ、入れすぎはハイカロリー

クリープはスプーン1杯(3g)あたり約15kcalのエネルギーが含まれています。

同量の牛乳のカロリーは約2.01kcalなので、比べてみても圧倒的にクリープの方が高カロリーです。味が凝縮されて濃厚になっている分、カロリーもギュッと詰まっています。

そのためコーヒー1杯に対してスプーン何杯もクリープを入れたり、それを1日何回も続けたりすれば多少なりともカロリー摂取量が増えてしまいます。使用する量はほどほどにするのがベターです。

保存場所・使用方法

クリープの賞味期限は15ヶ月ですが、これはあくまでも開封前の期限です。当然ですが、1度開封してしまったらどんどん品質が劣化していきます

少しでも品質を保つために直射日光や温度変化の激しい場所を避け、なるべく乾燥したところに保管するようにし、開封後は1ヶ月程度を目安に使い切るようにしてください。

また、クリープは雑菌の温床になってしまう可能性もあるので、クリープをすくうスプーンは清潔なものを使用してください

 

牛乳アレルギーの方は注意

アレルゲン乳成分

クリープは乳製品を使用しているため、牛乳アレルギーの方にはおすすめできません。また乳糖をうまく分解できない乳糖不耐症の方も下痢や消化不良などを引き起こしてしまうおそれがあります。

牛乳アレルギーを持っている方や、牛乳が苦手な方でもミルク感を楽しめるという意味では、植物油脂由来のマリームやブライトが適しています。

 

クリープを購入する

クリープ 280g

一般的なボトルタイプ・詰め替えタイプのクリープ。乳化剤や植物油脂が気になる方はぜひクリープをご利用ください。

Amazonで確認する(ボトルタイプ)

Amazonで確認する(袋タイプ)

クリープライト(低脂肪タイプ) 200g

ミルク由来のおいしさは変わらず、乳脂肪分を50%カットしたクリープです。脂肪分を気にせず使いたい方はこちらがおすすめです。

Amazonで確認する(袋タイプ)

クリープ オフィス用スティック 3g×100本

スプーン1杯分(3g)ずつの小分けになっているので、オフィスでの使用や来客時に使いやすいですね。

Amazonで確認する