エスプレッソ|本場イタリア流の飲み方・作り方・ドリップとの違い

エスプレッソ式コーヒー

エスプレッソといえば「苦くて濃い、大人の飲み物」のようなイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。

ちょっと敬遠されがちな印象もありますが、エスプレッソは苦いだけでなくコーヒーの旨味がぎゅっと詰まった究極の飲み方なのです。コーヒーが苦手な方でも、正しい飲み方を知れば普通のコーヒー以上においしく飲むことだってできるかもしれません。

そんなエスプレッソの魅力を以下で詳しく紹介していきます。この記事を読んで飲んでみたくなったら、ぜひお近くのカフェで注文してみてくださいね。




エスプレッソとは

エスプレッソとは、専用器具でコーヒー豆に高い圧力をかけて一気に淹れる抽出方法、またはそのようにして淹れたコーヒーのことを指します。

1杯が30ml程度とドリップコーヒーよりも少ない分量ですが、コーヒー豆の成分がぎゅっと濃縮された深い味わい・香りを楽しめるのが特徴です。

19世紀にコーヒー豆の輸入が極端に不足したことを受け、苦肉の策としてカップの大きさを3分の2サイズに小さくして提供したことが少量を楽しむエスプレッソの前身だといわれています。

20世紀初頭に高圧力で抽出するエスプレッソマシンが誕生し、みるみるうちに人気を博していきました。発祥の地イタリアでは、コーヒー(Caffè)といえばエスプレッソを指すのが一般的です。

名前の由来

エスプレッソの語源は、イタリア語で「急行、急速に」という意味を持つ“Espresso”だといわれています。ドリップコーヒーに比べて淹れる時間が短いことが由来しているそうです。

また、“Espresso”には「特別に、注文ごとに」という意味もあります。エスプレッソはお客さんの注文が入ってから作られるので、「あなたのためだけの特別な1杯」という気持ちを込めて名前の由来とした、という説もあります。

 

エスプレッソを構成する3つの要素

本来の味を存分に楽しめる理想のエスプレッソは、以下で紹介する「クレマ」「ボディ」「ハート」の3層がきれいに分かれています。

ただしこれら3つの要素をきれいに保てるのは、淹れてからたったの数十秒程度。

コーヒー豆の鮮度やバリスタの手腕も関連してくることから、「完璧なエスプレッソ」はとても貴重で贅沢な1杯です。

クレマ

クレマとは、エスプレッソの最上層にできる金色のきめ細かい泡のことをいいます。

焙煎後のコーヒー豆に蓄積されていた炭酸ガス(二酸化炭素)が放出されることによって形成され、滑らかな口当たりや甘味のもとになるといわれています。

挽いてから時間が経って鮮度が落ちた(ガスが抜けた)コーヒー豆を使っていたり、挽き目が粗すぎたり、煎り方が浅かったりする場合は、厚みのあるクレマができにくいことがあります。

ボディ

エスプレッソ抽出後の数十秒間だけ現れる、中間のブラウン色の層をボディと呼びます。エスプレッソのコクや深み、旨みが凝縮された部分だといわれています。

焙煎が深いほど、ガツンとした強いコクを感じられるエスプレッソになります。

ハート

最下層に沈む色の濃い部分を、ハート(またはアロマ)と呼びます。抽出後のエスプレッソの芳醇な香りや、口に含んだときに長く残るような香りが濃縮された部分です。

 

エスプレッソのおいしい飲み方

エスプレッソの飲み方は人それぞれであり正解はありませんが、せっかくならばおいしく味わいたいものですよね。

エスプレッソを存分に味わうことのできる本場イタリアの飲み方・たしなみ方をご紹介します。

本場イタリア流の飲み方

  • スプーン山盛り1杯の砂糖を優しく入れる
  • クレマを消さないようにそっと混ぜる
  • 2~3口で熱いうちに飲み切る

 

●砂糖を入れて完成する

本場イタリアでは、エスプレッソは砂糖を入れて初めて完成する飲み物だと考えられており、ストレートで飲まれることはほとんどありません。

シュガースプーン山盛り1杯分の砂糖を、クレマの上に優しく落とします。ゆっくりと砂糖が沈んでいくのを確認できたら、アロマを閉じ込めているクレマを消してしまわないようにそっと混ぜます。

「コーヒーに砂糖はちょっと…」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、砂糖を加えることによって苦味が緩和され、苦味の奥に隠れていたエスプレッソならではのコクやまろやかさを引き出すことができるのです。

 

●ちびちびではなく、一気に飲む

エスプレッソは量が少ないために、ドリップコーヒーなどに比べてすぐに冷めてしまいます。クレマ・ボディ・ハートもすぐに消えてしまうので、ちびちびと飲んでいるとエスプレッソの魅力がみるみるうちになくなってしまいます。

エスプレッソは淹れたてのうちにさっと砂糖を入れ、おいしいうちに2~3口で一気に飲み切るのがポイントです。

そして、飲んだ後にカップの底に溜まる砂糖をスプーンですくって食べるのも楽しみのひとつです、砂糖の甘さにエスプレッソの深い苦味が合わさり、まるでスイーツをたしなんでいるような感覚を覚えます。

 

エスプレッソの作り方

エスプレッソを淹れるためには、専用の「エスプレッソメーカー」が必要になります。

カフェなどに置いてある大型の機械を想像しやすいですが、自宅で扱えるような小型のモデルも販売されています。

電気式タイプ

  • 本体価格:1万円~数十万円
  • 長所:ミルクスチーム機能つきが多い
  • 短所:価格が高い、メンテナンスが必要

電気式エスプレッソメーカーは、内蔵されているポンプで高い圧力を発生させてエスプレッソを抽出する器具です。

エスプレッソを抽出するだけでなくミルクをスチームできる機能がついたモデルもあります。エスプレッソだけでなく、ふわふわの泡でカフェラテやカプチーノなども楽しみたいという方はこちらがおすすめです。

濃厚なエスプレッソを淹れられる分、価格がそこそこ張ります。精密な機械なので定期的なメンテナンスも欠かせません。

●ドージング~レベリング

グラインダーで計量した豆を挽き、ホルダーに粉を入れます(ドージング)。ホルダーの側面を軽くトントンと叩き、粉を平らにならします(レベリング)。

●タンピング

タンパーを使い、ホルダー内の粉をまっすぐ上から押し固めます。強さは15~20kg程度を目安に、肘を立てて垂直に押し込むことがポイントです。タンピング後、ホルダーの縁についた余分な粉は払い落としておきます。

●湯通し

エスプレッソメーカーにホルダーをセットする前に、一度抽出ボタンを押して湯通しをします。抽出口をすすいでホコリなどを洗い流すとともに、抽出口を温めておく作業です。

●メーカーにホルダーをセット~抽出

メーカーに抽出口にホルダーをセットし、カップを置いて抽出を開始します。抽出時間の目安は、20~30mlの抽出量で約20~30秒程度です。

●完成

抽出時間が短い場合はメッシュが粗い、粉の量が少ない、タンピングの圧力が弱いなどが考えられます。抽出時間が長い場合は、逆の原因が考えられますので、調整してみてください。

●デロンギ(DeLonghi) EC152J

デロンギ(DeLonghi)エスプレッソ・カプチーノメーカー スタンダードモデル ブラック×シルバー 1L EC152J
デロンギ(DeLonghi)エスプレッソ・カプチーノメーカー スタンダードモデル ブラック×シルバー 1L EC152J
デロンギ(DeLonghi)

これから電気式エスプレッソメーカーの購入を考えている方におすすめなのが、「デロンギ EC152J」です。

1万円以内という低価格であるにもかかわらず、エスプレッソに適切な抽出圧力(9気圧)とミルクフォーム機能を兼ね備えた高コスパなモデル。カフェラテやカプチーノなども作れるうえ、ラテアートにも挑戦可能です。

高価なモデルばかりの中でも非常に低価格だから、「挑戦してみたいけど、続かなくなったときに後悔しそう」という金銭面でのネックも比較的おさえられます。とはいえ機能も十分なので、入門用としてはもちろん、長く付き合っていくのにも適したモデルです。

 

●デロンギ(DeLonghi) ICONA ECO310

デロンギ アイコナシリーズ エスプレッソ・カプチーノメーカー ブラック ECO310
デロンギ アイコナシリーズ エスプレッソ・カプチーノメーカー ECO310
DeLonghi(デロンギ)

スチール製ボディの、おしゃれで重厚感のあるデザインが特徴的です。

EC152Jより値段は張りますが、より安定した出力でエスプレッソを抽出することができます。機能だけでなく見た目にもこだわりたい方におすすめのモデルです。

 

●デロンギ(DeLonghi) EC860

デロンギ エスプレッソマシーン・カプチーノメーカーEC860
デロンギ エスプレッソマシーン・カプチーノメーカーEC860
DeLonghi(デロンギ)

デロンギでは最上級クラスの機能を誇るこちらのモデルは、抽出温度、水硬度、ミルクの泡の細かさなどをコントロールすることができます。

豆の焙煎度や挽き目の状態によって細かく調整できるので、自分好みの淹れ方を再現できます。「これ!」と決まった淹れ方が見つかったら、プログラムモードに保存しておくことも可能。

ミルクコンテナを付ければ全自動でフォームミルクを作れるので、簡単にカプチーノを楽しむことができます。フローサーに取り替えれば、手動でミルクを泡立てることもできます。

直火式タイプ

  • 本体価格:3000円~1万円
  • 長所:電源が必要ない、価格が安い
  • 短所:圧力が低くクレマができない

電気式のエスプレッソメーカーのほかにコーヒーを濃く抽出できる器具として、「マキネッタ」があります。

マキネッタは直火式エスプレッソメーカーとも呼ばれ、その名の通り水を直火にかけて沸騰させ、生じた蒸気圧を利用してエスプレッソのような濃いコーヒーを抽出することができます。

電気式ほど高い気圧をかけることはできないためクレマは生まれませんが、小型で使いやすく、電源を必要としないため屋外で使用することも可能です。

値段も比較的安価であるため、イタリアの家庭では電気式よりも直火式を用意するのが一般的だそうです。

●ボイラーに水を入れる

マキネッタを上部分(サーバー)と下部分(バスケットとボイラー)に分け、ボイラーに安全弁(丸いでっぱりの部分)の少し下あたりまで水を入れます。

●バスケットに豆を入れ、平らにならす

空のバスケットをボイラーにセットし、コーヒー豆をバスケットいっぱいまで入れます。指やスプーンで表面を平らにならします。押し付けないよう注意してください。

●マキネッタを組み立て、火にかける

マキネッタの上部分と下部分を組み立て、コンロを弱火に設定して火にかけて抽出開始です。数分後、「ボコボコ」という空気が出てくるような音がしたら抽出終了の合図です。

●ビアレッティ モカエキスプレス

ビアレッティ 直火式 モカエキスプレス 2カップ
BIALETTI (ビアレッティ)

直火式エスプレッソメーカーで最も有名なのが、ビアレッティ社の「モカ」シリーズです。本場イタリアではNo.1のシェアを誇るともいわれています。

1カップ用から18カップ用までの多様なラインナップなので用途に合わせて最適なサイズを選択可能です。IH対応のモデルも販売されています。

≫マキネッタの使い方・おすすめ商品を詳しくみる

 

カプセル式タイプ

ネスカフェ ジェニオアイ
  • 本体価格:13,980円
  • カプセル定期便申し込みの場合、本体価格が無料

こちらはコーヒー豆の入った専用カプセルを本体にセットし、そこに高圧をかけながらエスプレッソを抽出するマシンです。

上記で紹介したマシンはコーヒー豆の準備から豆カスの片付け・洗浄と、抽出前後で手間がかかってしまいますが、カプセル式なら使い終わったカプセルを捨てるだけなのでとても楽です。

カプセルの種類は多種多様で、エスプレッソのほかにドリップコーヒーやカプチーノ、抹茶ラテなどがあります。真空密閉なので、豆の鮮度も良好です。

自分の好きな豆を選べないというデメリットはありますが、簡単にエスプレッソを楽しみたい方におすすめ。クレマもしっかりとできる、本格的なマシンです。

公式サイトへ

豆の焙煎度合い・挽き方

 電気式直火式
焙煎度合いシティ~イタリアンロースト
挽き方極細挽き挽き

エスプレッソに用いるコーヒー豆は苦味がしっかり出る深煎りだと思われがちですが、中煎り程度のシティロースト、フルシティローストが使われる場合があります。

エスプレッソをストレートでたしなむイタリアンスタイルのお店(バール)では、酸味・苦味・コクなどをバランスよく感じられる中煎り豆が使用されることが多いようです。

一方でスタバなどシアトル系ショップではエスプレッソをミルクで割って飲むことが多いため、ミルクに負けない存在感を出すためにフレンチローストやイタリアンローストといった深煎りの豆を使用しています。

家庭でエスプレッソを淹れるときも、ストレートで飲むのか、ミルクなどを加えて飲むのか、など用途に合わせて焙煎度合いの違う豆を使い分けるようにするとより本格的です。

挽き方は、電気式は極細挽き、直火式は細挽きを使用します。直火式で極細挽きを使ってしまうと目詰まりを起こす原因になるので注意してください。

»コーヒー豆の好みを探す4つのポイント・タイプ別おすすめ銘柄10選

デミタスカップ

カフェなどで見かけるエスプレッソ用の小さなカップを、デミタスカップといいます。

デミタスカップは通常のカップよりも分厚くできているため飲み物が冷めにくく、形もエスプレッソの香りや風味を存分に楽しめるよう計算されたつくりになっています。

カフェラテやカプチーノにアレンジして飲むならば通常のマグカップで問題ないですが、ストレートで飲むことが多い方はより本格的に味わうためにも、デミタスカップを用意しておくといいですね。

»デミタスカップの選び方とおすすめ製品7選

 

エスプレッソとドリップコーヒーの違い

抽出方法

ドリップコーヒーは主に挽いたコーヒー豆をドリッパーに入れ、そこにお湯を透過させることで成分を抽出する方法です。使用するドリッパーによって多少は異なりますが、コーヒーカップ1杯分を抽出するのに3分程度かかります。

一方でエスプレッソは、専用のマシンを使って高い圧力をかけて抽出します。人の手では再現できない高圧で一気にお湯を通して抽出するので、抽出時間も20~30秒と短めです。

使用するコーヒー豆

ドリップコーヒーの豆は好みによってさまざまですが、主に酸味と苦味のバランスが取れたハイロースト~フルシティローストあたりの中焙煎のものが使われることが多いです。苦味やエグみが濃く出てしまうことから、極端に深く煎った豆はあまり使われません。

一方でエスプレッソは、基本的にフレンチローストやイタリアンローストなど深焙煎の豆が使われます。エグみの成分が出る前に抽出を終えることができるため、ドリップでは味わえない深煎りの風味を楽しむことができます。

ポイント

イタリアンスタイルのバールなどでは、エスプレッソであっても中焙煎のシティロースト~フルシティローストの豆を使用することがあります。ストレートでいただくことの多いバールでは、苦味・酸味・旨味・コクなどのバランスが重視されるようです。

»コーヒー豆の8つの焙煎度合いと味・成分の違い

味・成分

抽出方法の違いによってコーヒー豆から抽出される成分が異なるため、ドリップコーヒーとエスプレッソでは味わいが大きく違います。

エスプレッソは圧力をかけて抽出するので、ドリップコーヒーよりもお湯に溶けだす成分の量が多くなります。一度に抽出できる量が少ないこともあり、濃厚で深い味わいになります。

カフェイン含有量

 カフェイン量
(100mlあたり)
カフェイン量
(1回に飲む量あたり)
エスプレッソ40~70mg47~64mg
(ショット1杯分・30ml)
ドリップコーヒー156~213mg95~165mg
(カップ1杯分・237ml)

参考:Mayo Clinic/Caffeine content for coffee, tea, soda and more(一部加工して記載)

エスプレッソの方がより多くの成分が抽出されるため、同じ分量で比べればドリップコーヒーよりもエスプレッソの方が多くのカフェインを含んでいます。

ですがエスプレッソをコーヒーカップになみなみと注いで飲まれる方は少ないと思います。エスプレッソを1回に飲む量はエスプレッソの方が圧倒的に少ないので、1回に飲む量あたりのカフェイン量で比較するとエスプレッソの方が少なめです

»カフェインの効果やメリット・デメリット、1日にコーヒー何杯までOK?

»【頭痛・不眠・けいれん…】カフェイン中毒の症状と治療法

 

エスプレッソで作るバリエーションコーヒー

エスプレッソはそのまま飲むだけにとどまらず、さまざまなアレンジを加えて楽しまれることが多いです。以下では、エスプレッソを使った代表的なバリエーションコーヒーを紹介します。

ソロ・ドッピオ

エスプレッソ・ソロ」はショット1杯分(30ml)のエスプレッソのことで、「エスプレッソ・ドッピオ」はショット2杯分(60ml)のエスプレッソを指します。

ドッピオはイタリア語で「ダブル(2倍の)」を示し、その名の通り2倍サイズのエスプレッソという意味です。単純にエスプレッソを多く楽しめるのが、ドッピオです。

ルンゴ・リストレット

コーヒーに含まれる成分によって水に溶けだす速度が異なり、苦味を示す成分は比較的ゆっくりと抽出されます。この特性を利用し味に変化を持たせたものが「ルンゴ」「リストレット」です。

エスプレッソを通常の2倍の水で抽出したものを「ルンゴ」と呼びます。水の量が2倍なのでその分だけ抽出時間が長くなり、しっかりと苦味を抽出することができます。

一方で通常の2分の1の水で抽出したものは「リストレット」といいます。抽出時間が短いために苦味や酸味が抑えられ、かつ水の量が少ないので濃く飲みごたえのある味わいになります。

カフェラテ

  • エスプレッソ+ミルク

エスプレッソに温めたミルクを2:8程度の割合で加えれば、カフェなどでおなじみの「カフェラテ」になります。

イタリア語でカフェ(Caffè)はコーヒー、ラテ(Latte)は牛乳を表し、すべて訳すと「コーヒー牛乳」という意味になります。

似ている飲み物として「カフェオレ」がありますが、こちらはドリップコーヒーにミルクを1:1で加えたものです。

カプチーノ

  • エスプレッソ+ミルク+フォームミルク

エスプレッソに温めたミルクを加え、その上に泡立てたフォームミルクを乗せたものが「カプチーノ」です。カフェラテと並んでカフェでよく目にするメニューですね。

カフェラテとよく似ていますが、泡立てたミルクが加わるので滑らかな口当たりになり、ミルクの甘味をより強く感じることができます。

カフェによっては、ココアパウダーやシナモンパウダーがトッピングされている場合もあります。

»カプチーノをもっと詳しく【飲み方・作り方・カフェラテとの違い】

カフェモカ

  • エスプレッソ+ミルク+チョコレートシロップ

「カフェモカ」は、エスプレッソとミルクにチョコレートシロップを混ぜあわせたものです。チョコレートの甘味とビター感が加わることで、より「甘くほろ苦い」味わいになります。

カフェで注文するとホイップクリームやココアパウダーが添えられていることが多く、コーヒーでありながらまるでデザートのような感覚で楽しむことができます。

コーヒーの苦さが苦手な方でも比較的飲みやすいでしょう。

»カフェモカをもっと詳しく【飲み方・作り方・カフェラテやカプチーノとの違い】

エスプレッソコンパナ

  • エスプレッソ+ホイップクリーム

「エスプレッソ・コンパナ」はエスプレッソの上にホイップしたクリームを乗せたもので、飲み物というよりもデザートに近い楽しみ方です。

苦味と甘味を同時に楽しめるのがエスプレッソ・コンパナ、通常のエスプレッソに変化が欲しい方におすすめです。

»エスプレッソ・コンパナをもっと詳しく【由来・飲み方・作り方】

カフェコンレチェ

  • エスプレッソ+ミルク

「カフェ・コン・レチェ」はエスプレッソとミルクを1:1の割合で混ぜたものを指します。

カフェラテはエスプレッソとミルクの割合が「2:8」であるのに対し、カフェ・コン・レチェは「1:1」の割合で作るため、カフェラテに比べミルクの量が少ないという特徴があります。

エスプレッソの割合が多いので、エスプレッソの苦味やコクをより強く感じることができます。

»カフェ・コン・レチェをもっと詳しく【特徴・作り方】

エスプレッソトニック

  • エスプレッソ+トニックウォーター

カクテルを作る際によく使われるトニックウォーターでエスプレッソを割れば、「エスプレッソトニック」になります。

コーヒーに炭酸!?と驚かれる方も多いかと思いますが、コーヒーの苦さに炭酸の爽快感が意外と合います。すっきりとした飲み心地なので、暑い時期やさっぱりとしたい気分のときにおすすめです。

»エスプレッソトニックをもっと詳しく【特徴・味・作り方】

アフォガート

  • エスプレッソ+アイスクリーム

バニラ味のアイスクリームやジェラートにエスプレッソをかけて楽しむデザートを、「アフォガート」といいます。本場イタリアでは、食後のデザートとして親しまれているそうです。

甘くて濃厚なバニラアイスにほろ苦いエスプレッソが絡んだ絶妙な味わいは、まさに大人の楽しみです。

»アフォガートをもっと詳しく【特徴・食べ方・作り方】