【炭酸コーヒー】エスプレッソトニックってどんな味?作り方を紹介

エスプレッソ式コーヒー

近年、スタバをはじめとしたカフェで見かけるようになった、エスプレッソトニック。コーヒーに炭酸飲料を入れた味がまったく想像つきませんが、はたしてどんな味がするのでしょうか。

自宅でのエスプレッソトニックの作り方・レシピも一緒にご紹介します。




エスプレッソトニックとは

エスプレッソトニックとは、エスプレッソにトニックウォーターを加えたものです。2010年ごろに北ヨーロッパのカフェで誕生したといわれる、比較的新しい飲み方です。

トニックウォーターは炭酸水に柑橘類の皮や香草のエキスを加えたもので、よくカクテルを作る際に使われることが多い飲み物です。ウィルキンソンシュウェップスカナダドライなどの銘柄が有名ですね。

日本でも以前から、飲料メーカーがコーヒーに炭酸飲料を加えた飲み物を何度か製造・販売していますが、イメージのしにくさからか定着するまでには至らなかったようです。

近年ではサードウェーブコーヒー志向の後押しもあり、日本においてもエスプレッソトニックをはじめとした「コーヒー×炭酸飲料」がじわじわと人気になってきています。カフェなどのメニューで見かけることも増えてきました。

 

エスプレッソトニックはどんな味がするのか

「エスプレッソと炭酸って、ほんとに合うの…?」と疑念を抱かれる方も多いと思いますが、実は意外と合うんです。

エスプレッソの苦味とトニックウォーターの柑橘由来の苦味が見事にマッチし、後から炭酸の爽快感が駆け抜けていくのが感じられます。さわやかでほろ苦い、クセになるような大人の味です。

 

エスプレッソの作り方・レシピ

用意するもの・材料

材料名 分量の目安
エスプレッソ(または濃いコーヒー) 30㏄
トニックウォーター 100㏄
適量

一般的なエスプレッソトニックは、その名の通りエスプレッソを使います。エスプレッソを抽出する器具が必要になりますが、ご自宅にない場合は濃いめに落としたコーヒーでも代用可能です。

エスプレッソマシンといえば高価で大掛かりなイメージですが、エアロプレスマキネッタという器具を用意すれば手軽にエスプレッソ並みに濃いコーヒーを淹れることができます。

価格も数千円程度と比較的安いですし、1つあればカフェラテやカフェモカなど様々なバリエーションのコーヒーを作ることができます。この際なので買いそろえてみてもいいかもしれませんね。

エスプレッソとトニックウォーターの割合は、だいだい1:3程度が目安です。お好みでガムシロップやレモン、ライムなどを入れてもいいですね。

作り方

  1. エスプレッソ(またはコーヒー)を淹れる
  2. グラスに氷を入れ、トニックウォーターを注ぐ
  3. 混ざらないようにそっとエスプレッソを注いだら、完成!

トニックウォーターとエスプレッソが混ざらないように、スプーンやマドラーなどを使って液面にそっとエスプレッソを注ぐようにすると、見た目もよりさわやかに作ることができます。

もちろん、飲むときはよくかき混ぜてから召し上がってくださいね。

 

コーヒー×コーラを試してみた

「コーヒーに炭酸飲料が合うなら、コーラも合うのではないか!?」と思った筆者は、上記の作り方のうちトニックウォーターをコーラに変えて作り、飲んでみました。その味はいかに。

結論から言うと、別々に飲む方がおいしいです(筆者個人の見解です)。

一口飲むとまずコーラを強く感じ、その後にコーヒーがやってきます。やはりどちらも飲料界における主役級の選手、口の中でも決して混ざり合うことなく個々の味を主張してきます。まさに両雄並び立たず

思えば、冒頭でも紹介した通りトニックウォーターはカクテルを作るときによく使われるもの。それ単体で飲まれることは少なく、お酒に風味をプラスして味わいを引き立てる、いわば脇役的な立ち回りが得意な飲み物です。

映画やドラマでも、脇役がいてこそ主役が引き立ちます。主役のコーヒーにはトニックウォーターだからこそ合うのであって、同じく主役級のコーラとではぶつかり合ってしまうのでした。