アメリカンコーヒーとアメリカーノってなにが違うのさ?

コーヒーの豆知識

コーヒーのメニューには紛らわしい名前も多く、「アメリカンコーヒー」と「アメリカーノ」が最たる例です。アメリカっぽい名前から、どちらもアメリカに由来してそうなイメージですが、具体的には何が違うのでしょうか。詳しく見ていきましょう。




アメリカンコーヒーとは

アメリカンコーヒーは、浅煎り(シナモン~ミディアムローストあたり)のコーヒー豆を使って淹れたドリップコーヒーのことを指します。

通常のコーヒーよりも色が薄く、酸味が強めのあっさりとした味わいであるため、「コーヒーにお湯を加えて薄めたもの」と思われることも多いですが、これは間違った認識です。

浅煎りの豆で淹れたコーヒーは深煎りのコーヒーに比べ色が薄く、苦味が少なくなるという特徴があります。普段飲んでいるコーヒーからすれば薄いという印象を受けるかもしれませんが、コーヒーをお湯で割って薄めたわけではありません。

ただ「アメリカンコーヒー」は日本オリジナルの呼び方であり、レシピに厳密な定義は存在しないため、カフェによってはコーヒーのお湯割りをアメリカンコーヒーとして提供しているところもあります。

≫アメリカンコーヒーの由来や特徴、淹れ方について

 

アメリカーノとは

一方でアメリカーノは、エスプレッソにお湯を加えたものを指します。アメリカンコーヒーとはうって変わって、アメリカンは「お湯で割って薄める」のが正しい作り方です。

カフェによってお湯を入れる量は異なりますが、「エスプレッソ:お湯=1:3」で作られることが多いようです。通常のエスプレッソよりも薄味になりますが、エスプレッソ自体が濃いためにドリップコーヒーと同程度の濃さになります。

エスプレッソはそのまま飲むと苦味とコクがかなり強いですが、お湯で割ることですっきりと飲みやすくなります。エスプレッソの香りや風味はそのままに、やわらかい口当たりで楽しむことができます。

そもそもエスプレッソはヨーロッパでよく飲まれるコーヒーの飲み方です。第2次世界大戦中、ヨーロッパに駐屯していたアメリカ人がいつも飲んでいるドリップコーヒーに似せるためにお湯を加えたことがはじまりといわれています。

 

アメリカンとアメリカーノはここが違う

 アメリカンコーヒーアメリカーノ
分類ドリップコーヒーエスプレッソ
コーヒー豆浅煎り・粗挽き深~極深煎り・極細挽き
作り方ドリップするエスプレッソを抽出し、お湯を加える
すっきりとした酸味が際立つ苦味が抑えられキレのある味わい

名前がとてもよく似ているアメリカンコーヒーとアメリカーノですが、それぞれの特徴を表でまとめてみると全然違うことがわかりますね。

そもそもの違いは、コーヒーの抽出方法です。抽出方法が違えば、使用するコーヒー豆の焙煎度や挽き目が異なり、これらが違えば当然ながら味わいも異なります。

アメリカンコーヒーは浅煎り・粗挽きのコーヒー豆を使ってドリップ式で淹れます。短時間の焙煎なので味の変化が少なく、コーヒー豆そのものの個性を味わうことができます。粗挽きで淹れるために通常のドリップコーヒーよりも酸味が鮮やかに現れ、あっさりとした口当たりです。

アメリカーノはエスプレッソを使うため、使用する豆は深~極深煎り・極細挽きです。焙煎により豆の個性は失われてしまう分、ドリップコーヒーでは味わえない強い苦味と濃厚なコクがしっかりと抽出されます。お湯で割るのでエスプレッソ独特の風味を感じつつ、より優しい飲み心地で楽しむことができます。

補足

コーヒー豆の焙煎度合いごとの味の違い、成分の違いなどはこちらをご参照ください。

 

【ちなみに】アメリカーノに激似のロングブラックとは

エスプレッソを使った飲み物に、お湯にエスプレッソを加えて作る「ロングブラック」というものがあります。

アメリカーノと全く同じ作り方じゃないか!?と思ってしまいますが、加える順番が異なります。エスプレッソにお湯を加えるアメリカーノに対し、ロングブラックはお湯にエスプレッソを加えて作ります

加える順番が違うだけで、実は味のニュアンスも少し変わってくるのです。ロングブラックはエスプレッソを後から追加するので苦味や甘味のもとであるといわれる「クレマ」という泡が壊れずに残りやすくなります。

そのため、アメリカーノよりもロングブラックの方がより濃厚な味になります。構成物や分量は同じでも順番が異なれば味が変わってくるなんて、大変興味深いですね。