コーヒー豆の8つの焙煎度合いと味・成分の違い

焙煎

コーヒー豆の焙煎度合いと、それによる味や成分の違いについて紹介しています。焙煎はコーヒーの味を決める要ともいえる重要な段階です。ぜひ自分好みの焙煎度合いを見つけてみてはいかがでしょうか。




コーヒー豆の焙煎(ロースト)とは

焙煎(ロースト)とは、収穫後のコーヒー豆を加熱して風味を引き立てる作業工程のことを指します。

収穫後のコーヒー豆は緑っぽい色をしていて、味も青くさくて飲めたものではありません。この豆を煎ることによって緑色から茶色へと変化し、同時にコーヒー独特の苦みやコクなどの風味が生まれ、「飲める」コーヒーになってゆくのです。

この焙煎工程はとても重要で、同じ豆でも焙煎する時間によって味や香りが大きく変化します。

8つの焙煎度合いの特徴

焙煎度合い焙煎時間
ライトロースト短い


長い

シナモンロースト
ミディアムロースト
ハイロースト
シティロースト
フルシティロースト
フレンチロースト
イタリアンロースト

コーヒー豆の焙煎度合いは火にかける時間によって大きく8種類に分けられ、一般に焙煎時間が長いほど色が黒く、苦みやコクが増していきます。では、ひとつひとつの特徴を見ていきましょう。

ライトロースト

最も焙煎時間が短いのが、このライトローストです。表面にはうっすらと焦げ目がついている状態で、色は黄色~小麦色をしています。

生豆の状態に近いため、酸味が非常に強く苦味・コクはほとんどありません。いわゆる”コーヒーらしい香り”もわずかに感じられる程度で、まだ青くささが目立ちます。

ライトローストは一般的な飲用というよりは、主に「カッピングテスト」というコーヒーの品質をチェックする目的で使われます。焙煎してしまうとコーヒー豆本来の味が判断しにくくなってしまうため、弱く煎った状態であるライトローストの豆が使われているそうです。

シナモンロースト

ライトローストに次いで2番目に焙煎時間が短いのが、シナモンローストです。その名の通りシナモンのような色をしているのが特徴です。まだ浅めの焙煎度合いであるため苦味が少なく、すっきりとしてフルーティーな酸味が際立ちます。

深く煎るほどいわゆるコーヒーらしい味わいにはなりますが、同時に豆そのものの個性がわかりにくくなってしまいます。最近では豆の個性を理解したうえで適切な焙煎・挽き方でコーヒーを味わう「サードウェーブコーヒー」の考え方が浸透し、豆の個性を楽しむためにあえて浅煎りでコーヒーを淹れる人が増えてきています。

ミディアムロースト

ミディアムローストはアメリカンローストとも呼ばれる焙煎度合いで、見た目は薄い茶色をしています。はっきりとした酸味の中にほのかな苦味も感じられるようになります。

コーヒー豆の持つ酸味・苦味・コクがはっきりとわかる焙煎なので、キリマンジャロ、モカ、コナなど味のバランスが取れたさわやかな味わいが特徴的な品種はこの焙煎で飲まれることが多いです。

アメリカンローストの名の通り、アメリカンコーヒーを淹れるのに好んで使われます。

ハイロースト

ミディアムローストの次に焙煎時間が長いのがハイローストです。茶色が徐々に濃くなり、だんだんとコーヒー豆らしい色合いになってきます。

これまでの焙煎は酸味主体の味でしたが、ハイローストはクセが少なく酸味と苦味がちょうど同じくらいに感じられる味が特徴です。カフェや家庭で飲まれるコーヒーは、この焙煎度合いのものが多いです。

バランスの取れた味わいになるので、どのコーヒー豆にも合うのがハイローストです。どの焙煎度合いがいいかわからない…という方は、まずはハイローストを基準に好みを探してみるといいかもしれません。

シティロースト

シティローストはハイローストと同じくらい一般的な焙煎度合いで、見た目もより黒さが際立った茶色になります。シティという名前はニューヨークシティが由来しているといわれています。

酸味と苦味のバランスが取れた味わいで、「ボディ」と呼ばれるコクが出始めるのがこの焙煎度合いの特徴です。苦味やコクの強い品種を使えば、その個性をより際立たせたような味になります。

ハイローストと同様、好みを探す基準としてもおすすめの焙煎度合いです。

フルシティロースト

こげ茶色が特徴的なフルシティロースト。ここまで焙煎すると酸味よりも苦味が際立つようになり、香りも強くなります。しっかりとした苦味とコクを感じたい方にはおすすめの焙煎度合いです。

アイスコーヒー用の豆としてもよく使用されています。コーヒーは冷やすときつい酸味が際立ちやすくなってしまうので、ある程度酸味が抑えられたフルシティローストが適しているのです。

フレンチロースト

2番目に焙煎時間が長いのが、フレンチローストです。豆の内部から油分が浮き上がってきて、表面がテカテカするようになるのが特徴です。

フルシティローストまでに感じられた酸味はほとんど残っておらず、強い苦みと深いコクが色濃くあらわれるようになります。エスプレッソ用として使われたり、ミルクや練乳などと混ぜたアレンジコーヒーとして飲まれたりすることが多いです。

フレンチローストはどんな豆でも、良くも悪くも苦味とコクが際立つようになります。酸味やフルーティーさが特徴の豆をここまで焙煎してしまうと、せっかくの個性がつぶれてしまいますのであまり適していません。

イタリアンロースト

最も焙煎時間が長いのが、イタリアンローストです。色はほぼ真っ黒で、表面には多くの油分が浮かび上がっています。

もともとはエスプレッソ用の焙煎といわれていたほど、強烈な苦味とガツンとくるコク、そして焦げたような香ばしさが特徴です。酸味は全く感じられません。

苦味を極めた焙煎度合いなので、ミルクや砂糖などの甘さととてもよく合います。カフェラテやカプチーノ、カフェオレなどコーヒーの苦味とミルクの甘味の対比を楽しめる飲み方に適しています。

焙煎度合いによるコーヒー豆の違い

味わいの違い

コーヒーの味を決める酸味・苦味・コクの出方は、焙煎度合いによって大きく左右されます。

そもそも熱を加えていない状態のコーヒー豆には酸味も苦味もほとんど感じられませんが、加熱することでまず酸味が出てきます。そのまま焙煎を続けるとだんだんと苦味があらわれ、酸味が失われていきます。

つまり、浅く煎るほど酸味が強く苦味が少ない味わいになり、深く煎るほど酸味が少なく苦味が強い味わいになります。コーヒー豆の味には「加熱」が大きく関係していることがわかりますね。

膨らみ方の違い

ドリップコーヒーを淹れる際、蒸らしの工程でコーヒー豆にお湯を注ぐともこもこと膨らんでいきますよね。厳密にはコーヒー豆の挽き目の細かさも影響しますが、浅く煎るほど膨らみ方が小さく深く煎るほど膨らみ方が大きくなります。

コーヒー豆は果実なので水分を含んでおり、焙煎することによってその水分が蒸発していきます。水分が抜けることによってできた空洞にガスが貯めこまれていき、このガスが多いほどお湯を注いだときにコーヒー豆が大きく膨らみます。

焙煎時間が長いほどしっかりと水分が抜けていくので、その分だけコーヒー豆の内部に空洞ができガスが貯めこまれます。そのため、焙煎度合いが深い方がよく膨らむのです。

クロロゲン酸の量の違い

クロロゲン酸とはコーヒーに多く含まれるポリフェノールの一種で、血糖値の上昇を抑える効果や抗酸化作用が期待できる重要な成分です。

このクロロゲン酸は焙煎することによって徐々に分解されてしまうため、深煎りよりも浅煎りの方がクロロゲン酸を積極的に摂ることができます

≫コーヒーに含まれるクロロゲン酸とは?効果や副作用、摂り方

焙煎がコーヒーの味を左右する

焙煎時間の違いにより、コーヒー豆の味や成分が大きく変わることがわかりました。焙煎を知れば、それはさらにこだわった自分好みのコーヒーを探すヒントになります。

ぜひいろいろ試してみて、もっとおいしいコーヒーを探してみてくださいね。