アメリカンコーヒーとは?由来と淹れ方|お湯で薄めるのは間違い?

ドリップ式コーヒー

ドリップコーヒーと並んで、カフェや喫茶店で必ずといっていいほどよく見かける「アメリカンコーヒー」。定番ともいえるコーヒーの飲み方ですが、その淹れ方について間違った認識をしている方も多いのではないでしょうか。この記事では、そんなアメリカンコーヒーについてのあれこれをまとめました。




アメリカンコーヒーとは

アメリカンコーヒーとは、シナモン~ミディアムロースト(浅煎り)のコーヒー豆を使い、多めのお湯で抽出したコーヒーのことを指します。

通常のコーヒー(レギュラーコーヒー)は、8段階の焙煎度合いの中でいえば4~6番目に深く煎ったコーヒー豆を使って淹れますが、アメリカンコーヒーに使う豆は2~3番目とかなり浅めです。

そのため苦味やコクは少なく、酸味が強くすっきりとした味わいになります。焙煎による味の変化が少ないので、コーヒー豆そのものの香りや味の個性を楽しめる飲み方でもあります。

誕生の由来

アメリカンコーヒーの誕生の由来については諸説ありますが、かつてヨーロッパ人がアメリカ大陸を開拓していくときに生まれた飲み方だといわれています。

コーヒー豆はあるけれども高度な抽出器具は持ち合わせておらず、簡易な焙煎機やパーコレーターなど屋外でも使える手軽な器具しか揃えていなかったため、必然的に薄めのコーヒーが飲まれるようになったというわけです。

また、第2次世界大戦中に物資不足によりコーヒー豆の価格が高騰した際に、苦肉の策として少ないコーヒー豆に対して多めのお湯で淹れるようになったことも関係しているのではないかといわれています。

アメリカでは「weak coffee」

「アメリカンコーヒー」は和製英語であり、世界基準となる珈琲鑑定士用語には存在しない呼び名です。海外でアメリカンコーヒーと注文しても通用しないので注意したいですね。

ちなみに、アメリカではアメリカンコーヒーに近い飲み物として「weak coffee(ウィークコーヒー)」というものがあります。

 

「コーヒーのお湯割り」は間違った認識

日本でアメリカンコーヒーというと「コーヒーにお湯を入れた、色や味が薄いコーヒー」と受け取られがちですが、これは間違った認識です。

上にも書きましたが、正しくは浅煎りのコーヒー豆・多めのお湯で抽出したコーヒーのことです。深煎りのコーヒーに比べたらあっさりとした薄味の印象を受けるかもしれませんが、決して抽出したコーヒーを薄めているわけではありません。

日本人のカン違い

しかし、カフェや喫茶店によっては普通のコーヒーにお湯を加えたものをアメリカンコーヒーとして提供しているのも事実です。

これには、かつて本場で流行していたアメリカンコーヒーを体験した日本人が、「色が薄くて苦味が少ない→コーヒーをお湯で薄めているのか!」と勘違いしたまま持ち込んだことが由来になっているといわれます。

当時の日本では「コーヒーといえば深煎り」という認識が一般的で、浅煎りで飲む習慣はなかったことを考えると、「お湯で薄める」という発想はごく自然のことだったのかもしれません。

 

アメリカンコーヒーの淹れ方・レシピ

豆の種類・焙煎度合い・挽き方

豆の種類 きれいな酸味が出る種類
焙煎度合い 浅煎り(シナモン~ミディアムロースト)
挽き目 粗挽き

アメリカンコーヒーに使用するコーヒー豆の種類は基本的になんでもよいのですが、酸味がはっきりと出る飲み方なので、すっきりとした飲みやすい酸味を持つ銘柄を選ぶのがおすすめです。

酸味しっかりと感じたい方は「モカ」「コナ」「ケニア」「キリマンジャロ」などの酸味に個性を持つ銘柄、程よい酸味を楽しみたい方は「コロンビア」「ブラジル」などバランスの取れた味わいの銘柄を選んでみてください。

焙煎度合いは、アメリカンコーヒー最大の特徴でもある「浅煎り(シナモン~ミディアムロースト)」を選びましょう。

また挽き目について、通常のドリップコーヒーは中~中細挽きですが、アメリカンコーヒーの場合は粗挽きにするのがポイントです。

粗挽きは雑味や苦味などを持つ成分が抽出されにくく、すっきりとした味を感じさせる成分のみを抽出することができるため、あっさりとしたアメリカンコーヒーに適した挽き目です。

≫コーヒー豆の8つの焙煎度合いと味・成分の違い

≫コーヒーの本当の酸味は「すっぱく」ない!?いい酸味と悪い酸味の違い

ポイントはお湯を注ぐスピード

アメリカンコーヒーを抽出するときは、お湯の注ぎ方も意識するのがポイントです。

通常のドリップコーヒーよりもお湯の量を多めに入れて抽出スピードを早め、短時間でさっと抽出するようにします。カリタ・ハリオ・コーノなどのドリッパーは抽出スピードが調整しやすいのでおすすめです。

ドリッパー以外の器具では、フレンチプレスなども適しています。ハンドドリップのように難しい技術や勘は必要とせず、誰でも簡単においしいコーヒーを淹れることができるのが大きな特徴です。

 

いい酸味を味わうには鮮度が重要

アメリカンコーヒーは苦味が少なく、酸味がはっきりと出る飲み方です。コーヒー豆そのものの味や香りを楽しむことができる分、豆自体の鮮度や品質が低いと嫌な味わいになってしまいます。

アメリカンコーヒーを淹れるときは、なるべく高品質で、焙煎してからあまり時間の経っていない豆を選ぶことがおすすめです。飲む直前に挽くようにするのも、鮮度をなるべく長く保つポイントです。

≫コーヒー豆は“劣化”する|4つの原因と長持ちさせる保存方法