【レビュー】隠れた名店の”色”を届ける。BEANS PALETTEのコーヒー豆を淹れて飲んでみた

近所を散歩していると、Google マップには載っていない小さな焙煎店を発見し、「へぇ、こんなところにロースタリーがあったのか」と感じた経験があります。

そこで焼いているコーヒー豆は独自のこだわり・店主の想いが詰まっており、味も格別でした。いわゆる「名店との出会い」を果たした筆者でしたが、あのときふと見つけていなければ、こんなステキな体験をすることはできなかったのだろうと思います。

今回ご紹介するBEANS PALETTEは、そんな地域の「隠れた名店」をひとつひとつ丁寧に紹介しており、それぞれのお店の豆を購入することもできるショップです。

この記事では、そんなBEANS PALETTEの取り組みや、取り扱っているコーヒー豆を1つピックアップして飲んでみたレビューを紹介しています。

BEANS PALETTEについて

 

BEANS PALETTE

画像引用:BEANS PALETTE

 

BEANS PALETTEは、東京の中野区・杉並区を中心に、さまざまなコーヒーショップやロースタリーのコーヒー豆を販売しているショップです。

いわゆる「コーヒー豆のセレクトショップ」。

中野・杉並区は大小多くのコーヒーショップや自家焙煎店が軒を並べており、そのお店ごとにコーヒー豆にかけるさまざまなこだわり・想いがあります。

そのこだわりが詰まった「隠れた名店」をスタッフの方がひとつひとつ巡り、見つけた名店のコーヒー豆をネットショップを介して発信・販売をしています。

いろいろな焙煎店のこだわりの”色”を楽しめる

BEANS PALETTE

同じコーヒー豆でも、焙煎方法やロースター(料理人)によってまったく違う料理になる。そこに焙煎店のこだわりがあり、それが個性となる。

BEANS PALETTEは、そんな焙煎店の個性を”色”にたとえ、焙煎店それぞれの色を表現できる「パレット」をイメージして「BEANS PALETTE(ビーンズパレット)」という名前をつけたそうです。

コーヒー豆のこだわりを消費者に届け、そしてそれが地域の焙煎店の支援にもつながる。なんともステキなお取り組みをされているショップです。

 

【FRESCO】コロンビアを淹れて飲んでみた

BEANS PALETTE

今回は、BEANS PALETTEで取り扱いがある、フレスココーヒーロースターズ(FRESCO COFFEE ROASTERS)のコロンビア オリヘン農協 200gをいただきました。

フレスココーヒーロースターズは阿佐ヶ谷に店を構える焙煎店兼カフェスペースで、「シンプルな焙煎で、スペシャルな味を表現する」というこだわりのもと、20年近くコーヒー豆の焙煎をされているお店です。

国・地域・農園・精製方法・品種などの情報が明確な生豆のみを取り扱い、コーヒー豆ならではの風味を引き出すため中煎り~中深煎りをメインに提供しています。

パッケージ

BEANS PALETTE

100gずつの個包装で、パッケージには品種(VARIETY)、精製方法(PROCESS)、焙煎日(ROAST DATE)などが記載されています。

特に焙煎日がきちんと書かれていて、鮮度がわかるのがとても嬉しいですね

また、コーヒー豆の名前にも入っているオリヘン農協は、有機栽培が主体の小規模農家が110件ほどの農家が加盟しており、コーヒー栽培に熱心に取り組んでいる農協とのことです。

ここまでしっかりとパッケージに情報が記載されていると、安心感・信頼感を感じます。素材の情報開示にもこだわりを持っている焙煎所だからこそ、できることですね。

コーヒー豆の状態

BEANS PALETTE

焙煎度は、シティロースト(中煎り)

ふっくらと丸みを持った豆の形と、焼きムラのない均一な火の入り加減が、とても美しく感じます。

ペーパードリップで淹れてみる

BEANS PALETTE
  • ドリッパー:ハリオ V60
  • お湯:450g(90℃前後)
  • コーヒー豆:30g

すっきりとした味が個人的に好みなので、上記のレシピで抽出してみます。

今回は2杯取りを目標に、コーヒー豆に対して16倍のお湯を注いでいきます。豆のメッシュは中挽き程度。

 

BEANS PALETTE

お湯を注ぐと、ガスが抜けてコーヒー粉がしっかりとドーム状に膨らんでくれます。とても新鮮なコーヒー豆です。

飲んでみた

BEANS PALETTE

まずひとくち飲んで、飲み口のクリーンさに驚きました。雑味がなく、すっきりとしていてとても飲みやすい。

味わいは、柑橘系のような明るい酸味と甘味が感じられます。その後からほんのりと優しい苦味がやってきて、しばらく続く甘い余韻が特徴的です。

全体的な味は控えめで、ガツンとくるような飲みごたえ・ダイナミックさではなく、繊細で味わい深い、軽やかな質感がとても印象的に感じました。個人的に、ここまで深く複雑な印象を持つコーヒーは初めて飲みました

優しい味がスーッと入ってくる、そんなコーヒーです。個人的には、この繊細な味ををじっくりと楽しみたいので、お菓子やスイーツと一緒にではなくこのコーヒー単体で飲むのが好きです。

 

まとめ

BEANS PALETTE

コーヒー豆のセレクトショップ・BEANS PALETTEで取り扱っている、フレスココーヒーロースターズのコロンビアをいただきました。

今まで体験したことのないほど繊細な味わいでした。それもきっと素材のよさを知り尽くした老舗のロースター(料理人)だからこそできる、無駄のないシンプルな焙煎が決め手なのでしょう。

こだわりってステキだな、と改めて感じる機会でした。

この他にも、ネットショップでは隠れた名店のコーヒー豆をたくさん取り扱われています。BEANS PALETTEだからこそ出会える焙煎店それぞれの”色”を、ぜひみなさんも試してみては。