キリマンジャロコーヒーとは?産地や味の特徴、通販で買えるおすすめ豆

豆の品種・銘柄

「キリマンジャロ」は名前にもある通り、アフリカ最高峰・キリマンジャロのふもとで栽培されたコーヒー豆です。缶コーヒーなどで使われていたこともあり、一度は聞いたことのある名前ではないでしょうか。

この記事ではキリマンジャロについての特徴、味や香り、おすすめの飲み方を紹介しています。




キリマンジャロコーヒーとは

キリマンジャロは主にタンザニアのキリマンジャロ山域で栽培されているコーヒー豆のブランドを指します。

正確にはキリマンジャロのふもと、標高2000m付近の地域で収穫されたコーヒー豆のみをキリマンジャロと呼びますが、現在ではタンザニアで生産された全てのコーヒー豆がキリマンジャロと呼ばれるのが一般的です。

タンザニアで採れるキリマンジャロ以外のブランドとしては、「スノートップ」「アデラ」などがあります。

 

キリマンジャロコーヒーの特徴

水分量が多く大粒

キリマンジャロのコーヒー豆は、1粒1粒が大型でたっぷりと水分を含んでいるのが特徴です。

標高約2000mの高地は昼夜で気温の寒暖差が激しく、降水量が多い環境です。このような厳しい環境で育ったコーヒー豆はまるまると太った姿になり、芳醇な香りと深いコクを生み出します。

農園の名前を冠したブランドも

前述したとおり、現在ではタンザニア産のコーヒー全般をキリマンジャロと呼んでいます。

これはタンザニア全体のコーヒー豆ブランドを向上させるきっかけになりましたが、最近では差別化を図るためにキリマンジャロではなく農園の名前や地域の名前、独自のブランド名で販売するコーヒー豆農家が増えています。

エーデルワイス農園で栽培している「タンザニア エーデルワイス」、モンデュール農園で栽培している「タンザニア モンデュール」などが有名です。

 

キリマンジャロコーヒーの味や香り

キリマンジャロといえば、酸味が強くすっきりとした味が特徴的です。軽いのどごしにもかかわらずしっかりとした深いコクがあるため、よく「野性味あふれる味」と表現されます。

また、豆の状態ですら感じるほど非常に香り高いのも、他のコーヒー豆とは一線を画すポイントです。バニラのような甘くフローラルな香りは、華やかさとともに色っぽさを感じさせます。

コーヒー豆の好みを探す4つのポイント・タイプ別おすすめ銘柄10選

2019.09.29

 

キリマンジャロコーヒーにおすすめの焙煎・飲み方

キリマンジャロは焙煎度合いによってさまざまな表情を楽しむことができます。

ミディアムローストやハイローストといった浅~中煎りでは、酸味が効いた爽やかな味になります。苦味も少ないので、すっきりとコーヒーを飲みたい方におすすめです。

シティロースト~フレンチローストといった深煎りだとキリマンジャロの甘い香りがより引き立てられ、焦げと相まってキャラメルのような風味が感じられるようになります。苦味やコクもバランスよく感じられますが、後味のしつこさはありません。

キリマンジャロの酸味を生かすために、お湯の温度は低めの80℃前後でさっと抽出するのがおすすめです。

≫コーヒー豆の8つの焙煎度合いと味・成分の違い

 

新鮮なコーヒー豆を使うのがポイント

コーヒー豆本来の酸味を味わうなら、できるだけ新鮮なコーヒー豆を使うようにします。時間が経って酸化すると不快なすっぱさが際立ってしまい、飲みにくくなってしまいます。

コーヒー豆は挽いてからの方が参加の進むスピードが早いため、飲む直前に挽くようにするのもおいしく飲むポイントです。

≫コーヒーの「酸味」をざっくりと理解する

»コーヒー豆の好みを探す4つのポイント・おすすめ銘柄10選