ケニアコーヒー|コーヒー豆の産地や味・香りの特徴、味わい方

豆の品種・銘柄

サードウェーブコーヒーなどでも高い支持を受けている、ケニア産のコーヒー。そんなケニアコーヒーの味や香りの魅力やおすすめの飲み方についてまとめました。




ケニアコーヒーとは

コーヒーにおける「ケニア」とは、アフリカ大陸の東海岸にあるケニア共和国で栽培されたコーヒー豆全般を指します。「キリマンジャロ」をはじめとしたタンザニア産のコーヒーとともに、世界中で人気のある高級ブランドです。

ケニアの主要産業は農業、とりわけ紅茶産業であり、輸出額全体の約20%を占めています。一方でコーヒーの輸出額は全体の5%にもおよびません。

生産量は決して多くはないですが、ケニア産コーヒーの独特な風味と徹底した品質管理が世界中から評価されており、さらには近年のスペシャルティコーヒーブームによっても拍車がかけられ、今やコーヒーを語るには欠かせない存在となっています。

現在ではケニアには約15万人のコーヒー農家、600万人のコーヒー産業従事者がいるといわれています。

 

ケニアコーヒーの特徴

世界初の専門研究機関による管理

ケニアはコーヒー生産者の共同出資により世界で初めてコーヒーの研究機関(コーヒー研究財団)が設立され、古くからコーヒーの生産・加工やマーケティングについて研究されています。現在においても世界有数の研究機関として評されています。

ケニアにおいてはこの機関が定める要綱に従って、農園の管理から栽培、加工・精製、カッピング、そして格付けまですべての過程においてシステム的に管理されており、これがケニアコーヒーの高い品質と味わいを維持しているゆえんです。

また、コーヒーに関する最先端のスキルを提供するケニアコーヒーカレッジという機関も設置されており、教育段階からコーヒーの品質管理を徹底しています。

格付け・等級

等級概要
AA7.20mm以上
AB6.80mm以上
CABよりも小さい
E最大サイズの豆
PBコーヒーチェリー1個に対し1粒しか入っていない、希少な豆
TTCに及ばない小さい豆
T不完全なものも含めた最小の豆

ケニアではコーヒー豆の重さや形によって、以上の7等級に格付けされます。

これらの格付けは競りにかけられる際、生豆の状態から焙煎時、抽出後の品質を加味してさらに10段階に評価されます。1が最も品質の高いコーヒー、10が最も風味の少ないコーヒーと分類されます。

日本では主に最高級品である「ケニアAA」と、2番目に高品質な「ケニアAB」が取引されています。

 

ケニアコーヒーの味や香り

ケニアコーヒーは全体的に風味が豊かで、柑橘系やベリー系を思わせるさわやかで明るい酸味が特徴的です。柔らかな苦味としっかりとしたコクがとてもバランスの取れた味わいが感じられます。

ケニア独特の風味は深煎りしても消えずに残るため、焙煎度合いによって違った表情を楽しむことができます。詳しくは以下の項目で説明しています。

 

ケニアコーヒーにおすすめの焙煎・飲み方

ケニアは浅煎りから深煎りまで、どの焙煎度合いでも楽しむことができます。

ハイローストからシティローストあたりまでの浅~中煎りの場合は酸味がはっきりと感じられ、後味の爽やかなコーヒーになります。酸味と上品な風味が特徴的なケニアの魅力をよく引き出せるのはこのあたりの焙煎で、サードウェーブコーヒーでは比較的浅めで淹れることが多いです。

フルシティロースト以上では酸味が程よく抑えられ、苦味とともに上品なコクと深い甘みがあらわれてきます。浅煎りとは違って長めの余韻が感じられ、がらりと雰囲気が変わります。

飲み方は豆の個性を楽しめるブラックがおすすめですが、深く煎ればアイスコーヒーにしたり、ミルクと合わせたりしてもおいしく飲むことができます。

>>コーヒー豆の8つの焙煎度合いと味・成分の違い

 

ケニアコーヒーを試してみる

ケニア イロワキ ファクトリー ウォッシュド

 

 

スペシャルティコーヒー専門店「ロクメイコーヒー」が販売する、「ケニア イロワキ ファクトリー ウォッシュド」です。

ケニア山の近郊、標高 1,840~1,850mの高山地帯で栽培された本商品は、まさに「ケニアらしさ」ともいえる新鮮なオレンジやチェリーといった香りと長く残る甘さが特徴的。

焙煎度合いは、上品な風味をより感じられる「中煎り」です。

家に郵送で届くので、わざわざ買いに行く手間も省けますね。スペシャルティコーヒー専門店なので、大型通販サイトで購入するよりも「ハズレ」が少なく安心です。

豆の挽き方(選択可)豆のまま
中挽き(ドリップ・コーヒーメーカー用)
粗挽き(コーヒープレス用)
内容量(選択可)100g
250g

公式サイトで購入する

 

特徴的な酸味を楽しむ

コーヒー豆の持つ純粋な味わいを重要視するスペシャルティコーヒー志向が高まった現在において、ケニアコーヒーは欠かせない存在です。

品質の高いケニアならば、嫌みのない爽やかな酸味を感じることができます。コーヒーの酸味が好きな方はもちろん、苦手な方にもぜひ試していただきたい銘柄です。

>>コーヒーの「酸味」をざっくりと理解する