水出しアイスコーヒーにおすすめな豆はコレ!|銘柄・焙煎・挽き方

水出しコーヒー

水出しコーヒーとは、その名の通り水で淹れたコーヒーのことを指します。お湯で淹れたコーヒーに比べ、柔らかくまろやかな味わいが特徴的です。

この記事では、水出しコーヒーに適した豆の種類・銘柄や、おすすめの焙煎度合い・挽き方についてまとめています。「選び方よりも先におすすめの豆について知りたい!」という方は、こちらをクリックしてください。




水出しコーヒーに適した豆の種類

水出しコーヒーに適したコーヒー豆は、基本的に酸味の少ない種類です。

アイスで味わうコーヒーはホットで味わうよりも酸味を強く感じやすいという特徴があるため、ホットで飲んだときにほんのりと酸味を感じられるような豆でも、アイスで飲むと酸味が強く出過ぎてしまうということがあります。

逆にコーヒーの酸味をより強く感じたい方は、あえて酸味が強めな豆を選ぶのもアリです。コーヒーというよりは100%フルーツジュースに近いような味わいに仕上がります。

ポイント
コーヒー豆の酸味は、豆の酸化も要因のひとつです。
酸味の少ない豆でも時間が経つと酸っぱくなってしまう場合があるので、新鮮なうちにいただくのがポイントです。

>>コーヒー豆の”いい酸味”と”悪い酸味”とは?

 

水出しコーヒーに適した焙煎度合い

  • フルシティロースト
  • フレンチロースト
  • イタリアンロースト

コーヒー豆の焙煎は、焙煎の時間が短いほど酸味が出やすく、長くなるほど苦味とコクが増します。

上の項目でも述べた通り、水出しコーヒーは酸味が強調されやすいため、煎り方は酸味がある程度抑えられた「フルシティロースト(中深煎り)以上」がおすすめです。

程よい酸味が感じられるコーヒーを味わうならフルシティロースト寄りを、苦味とコクのあるコーヒーを味わうならイタリアンロースト寄りの焙煎度合いを選ぶとよいでしょう。

>>コーヒー豆の8つの焙煎度合いと味・成分の違いとは?

 

水出しコーヒーに適した挽き方

  • 抽出時間が短い場合:細~中挽き
  • 抽出時間が長い場合:中~やや粗挽き

豆の挽き方は、味の濃さに関係します。基本的に挽き方が細かいほど水に触れる表面積が大きくなるため、味や香りが濃く抽出されやすくなります。

ウォータードリップサーバーなど抽出時間が比較的短い(2~3時間程度)器具を使う場合は、「細~中挽き」が適しています。

一方で水出しコーヒーポットやフレンチプレスなど抽出時間が長い(8時間以上)器具の場合は、細挽きだと雑味やエグみまで抽出されてしまう可能性があるので「中~やや粗挽き」が適しています。

注意点
マキネッタやエスプレッソマシン用の「極細挽き」はフィルターの目を詰まらせやすく、うまく抽出できない場合があるためあまりおすすめできません。

 

水出しコーヒーにおすすめのコーヒー豆はこれ!

アイス用ブレンド

「どれを買えばいいのかわからない…」という方は、まずはアイスコーヒー用のブレンド豆を購入することをおすすめします。

アイスコーヒーを作るのに適した豆・焙煎度合いに調整されてあるので、まず失敗することは少ないでしょう。

たとえばこちらのUCC ゴールドスペシャル アイスコーヒーだと、バランスの取れたブラジルや苦味・コクが強めなインドネシアなど数種類のコーヒー豆をブレンドしており、アイスコーヒーとして淹れてもおいしく仕上がるように作られています。

はじめのうちはブレンド豆を選び、慣れてきたりちょっと冒険したくなったりしたらストレート(ブレンドされていない)の豆を買ってみるといいかもしれません。

この商品を見る(粉タイプ)

トラジャ

優しい苦味とかすかな酸味、そしてパンチの効いたスモーキーな香りが特徴的です。水出しコーヒーで淹れれば、酸味・苦味のバランスの取れた味わいになるでしょう。

ミルクとの相性もいいので、アイスカフェオレなどにアレンジしてもおいしく楽しむことができます。

この商品を見る(粉タイプ)

この商品を見る(豆タイプ)

トラジャコーヒーについてもっと詳しく知る

マンデリン

力強い苦味とガツンとくる深いコクが特徴的。トラジャとは異なり、香りはハーブやシナモンなどと例えられる独特のものです。飲みごたえのあるアイスコーヒーを作りたい方におすすめです。

酸味がほとんどない銘柄というイメージがあるかもしれませんが、浅く煎れば果物のような酸味を感じることができます。でもアイスコーヒー用にするなら、深煎りでマンデリンならではの苦味とコクを楽しむのがいいと思います。

この商品を見る(粉or豆選択可)

マンデリンについてもっと詳しく詳しく知る

ブラジル

苦味と酸味のバランスが取れていて、クセが少なくすっきりとした後味が印象的なブラジル。ブレンドのベースとして使用されることが多いほどオールマイティな性格をしています。

スッと飲めるので、さわやかなのどごしを楽しみたい方におすすめです。

自家焙煎スペシャルティコーヒー店「ロクメイコーヒー」こだわりのブラジル サンタ・イネスを、ぜひ試してみてください。

この商品を見る(粉or豆選択可)

ブラジルについてもっと詳しく知る

 

使用するコーヒー豆の分量

好みにもよりますが、コーヒー豆:水=1:10が望ましいでしょう。例えば1リットルの水に対して、コーヒー豆は100g用意します。

この割合を基本に、薄めに抽出したいならコーヒー豆の量を減らし、濃いめなら量を増やしてお好みのアイスコーヒーになるよう調整してみてください。

 

迷ったら店員さんにお任せしよう

水出しコーヒーに使用する豆の選び方は、アイスコーヒー用の豆の選び方とほとんど同じです。冷たくして飲むところは同じなので、アイスコーヒー用の豆でもおいしく作ることができます。

もしどのコーヒー豆を買えばいいのかわからなくなってしまったら、お店で「アイスコーヒー用の豆でお願いします」と注文すれば、店員さんがおすすめを選んでくれますよ。

>>水出しコーヒーの特徴や味、器具別の作り方や味の比較