コスタリカコーヒー|コーヒー豆の味や香りの特徴、味わい方

豆の品種・銘柄

豊かな甘味とフレーバーが人気を博している、コスタリカ産のコーヒー。近年のスペシャルティコーヒー需要の高まりにより、日本においてもその名前が浸透してきています。

この記事では、コスタリカコーヒーの歴史や生産方法の特徴、味・香りのイメージやおすすめの淹れ方などについて解説しています。

コスタリカコーヒーを飲んだことのある方はもちろん、これから飲んでみたいという方にはぜひ読んでいただきたい記事です。




コスタリカコーヒーの味・香り

コスタリカコーヒーは柑橘系のようなフレーバーが特徴的です。ハニープロセスを経ることにより、熟した果実のような濃厚な甘味と深いコクを有しています。

上品な酸味と適度な苦味、そして甘味のバランスが取れたテイストは、まさに「熟れたチェリーを食べたような」口当たりを感じさせます。

中標高の産地のコーヒーであればよりクリーンな味わいで、レモンようなフレーバーをかもします。より高い標高になればシロップと例えられるような強い甘味とコクが感じられます。

 

コスタリカコーヒーに適した焙煎・飲み方

コスタリカは、苦味と酸味をバランスよく引き立てられるミディアムロースト~フルシティローストがおすすめです。

苦味・酸味・甘味・コクを程よく引き立たせ、奥行きを持った複雑な風味を楽しむために、お湯の温度は85℃前後がいいでしょう。

風味を味わうためにコーヒー豆をほんの少し多く使用し、濃く抽出してみるのもおすすめです。

クリアで軽やかな口当たりを楽しみたいならペーパードリップ、とろりと熟した甘味を楽しみたいならネルドリップが適しています。フレンチプレスで淹れれば、豆の複雑な風味をダイレクトに感じることができます。

また、コスタリカコーヒーはミルクとの相性もいいです。コーヒー豆の持つ甘味とミルクの甘味が相まって、キャラメルのような甘く軽やかな風味になります。

≫コーヒー豆の8つの焙煎度合いと味・成分の違い

≫フレンチプレスを使ったおいしいコーヒーの淹れ方・おすすめ製品

 

おすすめのコスタリカコーヒー豆

コスタリカ ロスアンへレス・ヒラソーレス農園 イエローハニー

ヒラソーレス農園は、コスタリカの主要な生産地域であるタレスエリアの標高1,850~1,980mに位置しています。

高い標高で栽培されたこちらのコーヒーは、オレンジやアップルを思わせるフレーバーに、キャラメルのような甘味が特徴的です。

コスタリカコーヒーならではの味わいを、ぜひお楽しみください。

豆の挽き方
【選択可】
豆のまま(おすすめ!)
中挽き(ドリップ用)
粗挽き(コーヒープレス用)
内容量
【選択可】
100g
250g

詳しく確認する

ドリップバッグ コスタリカ

こちらはドリップバックタイプなので、ドリッパーやペーパーフィルターなどの器具を持っていなくても、カップとお湯があればコスタリカコーヒーを楽しむことができます。旅行や屋外で飲む用として持っておくのもいいですね。

こちらもヒラソーレス農園のコーヒー豆を使用、甘く長く続く余韻が特徴的な1杯です。

数量
【選択可】
1パック
5パック
30パック

詳しく確認する

コスタリカ シュマヴァ農園 ホワイトハニー

ウェストバレー地区の標高1,600~1,700mにある「シュマヴァ農園」は、2016年の国際品評会『カップ・オブ・エクセレンス』において優勝を果たした注目の農園です。

そこで栽培されたコスタリカコーヒーは、チェリーやマスカットを想像させるフレーバーと、果実を食べたときのようなすっきりとした甘さ、そして心地よい後味が特徴的です。

豆の挽き方
【選択可】
豆のまま(おすすめ!)
中挽き(ドリップ用)
粗挽き(コーヒープレス用)
内容量
【選択可】
100g
250g

詳しく確認する

 

コスタリカコーヒーとは

コスタリカコーヒーは、中央アメリカ南部に位置しているコスタリカ共和国で栽培されているコーヒー豆の総称です。

北東はカリブ海、南西は太平洋に面しているコスタリカは、日本の北海道の半分にも満たない面積の小さな国ですが、標高2,000mを超える標高や雨の多い熱帯性気候、地質的条件といったコーヒー栽培に適した環境が整っています。

コスタリカにおけるコーヒーはバナナ、サトウキビ、パイナップルなどに並ぶ主要な輸出品であり、現在は8万件ものコーヒー栽培農家が存在しているといわれています。

 

コスタリカコーヒーの特徴

コスタリカのコーヒー史

コスタリカは、中米で最初にコーヒー栽培が始まった国といわれています。18世紀ごろにキューバからコーヒー豆が持ち込まれたことがきっかけとされています。

国中に広まっていったコーヒー栽培は産業として成長・拡大していき、19世紀初めには輸出が開始されます。以降もどんどん拡大していき、コスタリカにおけるコーヒーは重要な農産物として位置づけられるようになりました。

その後、コーヒーの中長期的な安定供給と品質・ブランドを守る目的で1933年には「コスタリカコーヒー協会(CICAFE)」が設立され、生産から輸出までの管理や生産者への技術指導、コーヒー豆の栽培に伴う環境破壊への対策が行われるようになります。

さらにコスタリカ政府は、アラビカ種以外のコーヒーの生産を禁止する法律を1988年に制定します。これは他のコーヒー生産国を探してもコスタリカでしか行われておらず、国をあげて生産体制を整えていこうとする姿勢がうかがえますね。

実際に、現在でもコスタリカで栽培されるコーヒー豆の50%はスペシャルティコーヒーとして取引されており、その生産処理の精度は他の生産国をけん引するほどの高さだといわれています。

7つの主要な生産地域と生産状況

  • タラス
  • トレスリオス
  • セントラルバレー
  • オロシ
  • ウェストバレー
  • ブルンカ
  • トゥリアルバ

コスタリカでは主な生産地であるタラスをはじめ、上記7つの生産地域でコーヒーが栽培されています。コーヒー豆の75%は標高1,000~1,700mで栽培され、高地ではカトゥーラ種、低地ではカトゥアイ種が育てられています。

生産地域ごとに異なったフレーバーを持つのが特徴的です。

8万件もあるコーヒー栽培農家のうち、90%以上は5ヘクタール未満の小規模農園であるといわれています。小規模だからこそコーヒーノキ1本1本に気を遣うことができ、それが高品質なコーヒー豆の生産につながっているのです。

独自の精製方法「ハニープロセス」

コスタリカはまた、パルプトナチュラルの一種である「ハニープロセス」という独自の精製方法をつくり出しました。

ハニープロセスはナチュラルとウォッシュトの中間的な精製方法で、通常は外皮と果肉を取り除き、さらにその内側にあるミューシレージという粘着質を洗い落としてから乾燥させるところ、ある程度のミューシレージを残したまま乾燥させています。

このオリジナルの製法によりミューシレージに含まれる糖分が豆の中に濃縮され、より甘くフルーティな味わい、そして深いコクを持ったコーヒーになります。

コスタリカでは、ミューシレージをどの程度残すかによって以下のように細分化しています。それぞれで乾燥のスピードも異なるため、農園単位で細かい工夫や調整がなされているそうです。

ブラックハニー全く除去しない
レッドハニー20~25%除去
イエローハニー50%程度除去
ゴールデンハニー75~80%除去
ホワイトハニー90%程度除去

この製法は独特な味に仕上がる反面、過度な発酵や欠点豆が混入しやすくなるといったリスクがあります。国をあげて担保している精度の高い技術と、目の届く範囲での栽培管理によりこれらのリスクをヘッジし、世界に認められるコーヒーを生産し続けています。

 

コーヒーチェリー由来の甘味を感じられるテイスト

コスタリカコーヒーは、独自の精製方法によるはっきりとした甘味が大きな特徴です。

至福の1杯を楽しんでみたい方は、ぜひコスタリカコーヒーを選んでみてくださいね。

»コーヒー豆の好みを探す4つのポイント・おすすめ銘柄10選